放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

追悼の日 3・11

 今日は石巻市の学校はみなお休みです。
 おじいちゃんおばあちゃんおっぴさんを津波にさらわれてしまったH君はお寺さんでお線香をあげてから後れて来ます。来年小学校に入るS君やBremenを見学にきた1年生のSさんも一緒にその場にいたメンバーで目をつぶりました。
 何を考えたの?だの誰のことを思ったの?なんて聞きません。一人ひとりがその場で感じたことがあれば、それでいいのだと思います。
 震災のせいではないけれど、お父さんを亡くされたAさんも一生懸命手を合わせていました。

Aさんが甲斐甲斐しくいろんなことが出来るので、はじめてあったS君は不思議でたまりません。
「Aさんはね、お家でいっぱいお仕事してるから何でも上手に出来るんだよ。」と言うと「へえ?おかあさんしてくれないの?」
「お母さんはご病気でね、身体がうまく動かないからAさんがいろんなお手伝いするんだよ。」「お迎えにこれないの?」「車が運転できないの。」「どうやって帰るの?」「だから送っていくのよ。」
あんまりプライベートなことをこんな風に言ってもいいかなっと心配しましたが、Aさんは「大丈夫です。」ときっぱり言ってくれました。ご病気のお母さんを一生懸命に支えようとしているのだと、彼女を応援し続けたいと思いました。


追悼の日 3・11に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment