放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

パンジーの苗をSさんと一緒に植えました。

季節が来たので花が好きなSさんとパンジーの苗を植えました。
1年生のSさんは「私植え方知ってるよ。」といいます。「へえどうやって植えるの?」
「あのね、指をチョキにしてそこにポットをぱっとかぶせるの。それからポットを取るんだよ。」こうやって植えるんだよとやって見せてくれました。

それからいつもお世話になっている近所のおばあさまに鉢植えのパンジーをお届けしました。春になったら株も大きくなりもっともっと素敵になるでしょう。

色とりどりで本当に素敵な色合いです。花言葉を調べるとこんなふうに書いてありました。
【以下抜粋】
花の模様から、フランス語「パンセ」に由来する。
ある日、天使たちが春の野に降り立ったとき、美しく咲いているひとむれのスミレの花を見つけ、「地上にも、こんなに美しい花があるんだ!」と驚いて、花たちにそっとささやいた。 「世の中の人々に、本当の愛の心を伝えておくれ。私たちの面影をお前たちに移しておいてあげるから」
 天使たちはそういったあと、花に三回キッスをして空高く舞い上がり、天国に戻って行った。それ以来、スミレの花が三色になったといわれている。

シェークスピアの「真夏の夜の夢」の中に、この花の汁を目にたらすと、寝覚めて最初に見た男性を好きになるという話がある。これによって、パンジーの花を身につけていると、異性の愛情が得られるといわれている。
伊宮伶 編著「花ことばと神話・伝説」より











パンジーの苗をSさんと一緒に植えました。に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment