放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

Mちゃんが遊びに来てくれました。

 0才の時から、ファミリーサポート対応で保育園への送迎をお手伝いさせていただいていたMちゃんがお母様の仕事がお休みだったのでBremenに遊びに来てくれました。 
 以前からBremenにいた子ども達は、Mちゃんを知っているので嬉しそうに迎えてくれましたが、初めて会ったのはS君。彼は、一人っ子さんで周りは大人だけです。いつも世界の中心に自分がいることに慣れています。だから、自分より小さい子がいて、自分より思い通りに好きな事をすることに戸惑いを隠せません。
 子ども同士の出会いはいつもそう。新しい友達に出会うたび、自分の知っている世界が少しずつ広がっていきます。自分の知っている小さな世界で許されることでも、違う友達とはそうはいきません。そんな子供たちをどんなふうに相互理解させていくかが、周りのおとなの腕の見せ所。 始めは激しく火花を散らしていた子たちが、次第に仲良くなりおでこを寄せ合って遊ぶ姿は、微笑ましいものです。
 異質な友だちと共に生きる事は、将来大きな心で人と接するための準備です。子どもの内から分け隔てをしてしまう事は、子どもの成長にとって大きな損失だと考えています。多少の凸凹があっても、お互いを大きな心で受容できるように遊ばせたいと思っています。

Mちゃんが遊びに来てくれました。に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment