放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

2つの団体の情報誌に掲載していただきました。

 1つは石巻市のNPO支援オフィス発行の情報誌。もう1つは宮城県の合同庁舎内にある「みやぎ地域づくり団体協議会石巻支部」発行の情報誌appoggio(アポージオ)。どちらも半ば公的な情報誌です。
 2012年5月から、自宅を開放し、年間240日程度をボランティアの先生方のお力を借りながら子ども達と共に過ごしてきました。必要経費分だけを保護者の方から頂いて、何とか続けてきましたが、地道な活動が認めていただいたようで嬉しく思います。
 ご存知のように、Bremenは石巻の子ども達がことさら不幸であるから支援してほしいと訴えてきませんでした。
 被災は不幸なでき事であり数々の痛ましい出来事があったのは事実です。しかし、それだから直接被災したお子さん達だけに支援が必要だとは思いません。初期の緊急な支援はもちろんとてもありがたかったです。しかし、もう5年がたちました。
 事実を見据え、不幸から立ち上がろうと努力する子ども達にはどんどん支援する必要があると思います。だけど、単に「遺児だから」「孤児だから」「家が壊れたから」という理由でお金による支援を続けたなら、それは現実に立ち向かう気持ちを失わせる事になるのではないかと危惧しています。Bremenにできることは、自分で頑張ろうとする気持ちをもつ子ども達を育てることです。


2つの団体の情報誌に掲載していただきました。に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment