放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

「竹」は「木」ですか?

子ども達と一緒に日本語の勉強をしていたタイラーさん。プリントに記入しながら素朴な疑問を持たれて、隣で算数を教えて下さっていた阿部徹先生に聞きました。

徹先生が丁寧に説明します。
「木」について。ここは・・葉っぱ。ここは・・根っこ。ここは・・幹。
竹の幹は「みき」ですか?いえいえそこは「幹」とはいいません。
「なぜですか?」から始まって、竹は何かを調べることになりました。http://www.taketora.co.jp/special/bamboo.html
簡単に言えば、竹はイネ科の植物で、草の仲間のようですが、木の仲間に属するという考え方もあるようです。「竹は竹だ。」という学者さんさえいるようです。タイラーさんは英語で考えるのでbamboo(バンブー)を考えますが、それは「笹」をあらわすので、「竹」は[take」らしいです。
1年生のプリントをしているからと言って、奥は深いのです。調べれば調べるほど、面白い世界に入ることができます。知的好奇心を働かせられれば、こんな小さなBremenでも大学で学ぶ入口ぐらいの内容は学べるのです。

皆様ご存知の通り、「竹」の長く立っている部分は「幹」ではありませんね。では、そこは何と呼ぶでしょう?「竹」の助数詞は何でしょう?

「竹」は「木」ですか?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment