放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

連休疲れを予防しましょう

今日は連休真っ只中。
さぞご家族で楽しまれている事かと思います。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
そして連休の後は、ちょっぴろ心配なことが起きます。
連休疲れです。
連休のはじけるような楽しさから、その後の日常の生活への着地がなかなかうまくいかないことがあります。
「仕事に行きたくない。」
「学校を休みたい。」
楽しいこともあるはずの場所なのに、「○さんと会いたくない。」とか「上司が・・・」「同僚が・・・」などと、嫌なことばかり思い浮かんできたりします。
 それは、日常の生活に戻りたくない自分への言い訳です。
 自分の気持ちを上手く言葉にできない子供たちはもっと深刻です。
「おなかが痛い。」「頭が痛い。」「気持ちが悪い。」といって学校を休もうとします。
 そうなると心配ですね。

 連休疲れを予防するためには、連休の最後の日はゆっくりと次の日に備えるようにしましょう。大人の人は、お酒や食事を控えめにしたり早めに休んだりしましょう。

 子どもたちは、お家の方々と楽しかった思い出を語り合い、明日からの学校の生活への目標について話し合いましょう。お風呂に入って早めに休むとよいかも。

 そして、解決できない抵抗感があるときには、焦らず信頼できる方に相談しましょう。居場所がなくて、どうしても困ったときはBremenへもご相談ください。認定心理士の免許がありますのでお役にたてるかもしれません。



連休疲れを予防しましょうに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment