放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

R君 高校合格おめでとう!

先日の夜R君から電話をいただきました。小学校1年生のときに担任させていただいたR君からです。「先生Rです。K高校合格しました!」「ええっおめでとう!!。よくがんばったねえ。すごいねえ。」(以下はお母様のご了解をいただいています。)
 
 R君は保育所のときに高機能自閉症と診断され、お母様もご家族も級友のお母様たちも皆さんで応援していたお子さんです。
 3歳の時に保育所に入ったときはほかのお子さんの同じようだったのに、次第に他のお子さんとの関わりが難しくなってきたそうです。その時に保育所の所長先生に「石巻市の発達相談を受けてみたら?」と進められ、思い切って受けられました。相談の場があることを教えていただいてよかったとお母様はおっしゃいます。
 障害というと「恥すかしい」と受け取られる時代でしたが、「この子のためになるなら。」というお母様の選択はすばらしいものでした。普通学級で担任させていただきましたが、周りの子供たちもすんなりとR君を受け入れましたし、周りの保護者の方々の温かいまなざしも感動的でした。口々に「R君が○○できたね。」と我が事のように喜んでくださいました。
 お家の方々が仲良しで、よその家の子も我が子と同じように見守るすばらしい地域でした。
 
ある意味、R君の成長をみんなで見守ってきたからこそ、保護者の方々がひとつになったのかもしれないと思います。「福をもって生まれた子」といわれる所以もその辺にあるのかもしれません。R君おめでとう!

R君 高校合格おめでとう!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment