放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

わあ こんな近くに白鳥がいるなんて知らなかった!

 Aさんをお迎えに行った時に、「白鳥見たことある?」と聞いてみました。Aさんの通う学校のすぐ近くに毎年白鳥がやってきているのを知っていたからです。Aさんは白鳥を見ると寒いのにジャンバーも着ないで車から降りて「へえっ」と驚いていました。白鳥たちは横目で私たちを見ながらゆっくり遠ざかっていきます。「あんなとこで水飲んでる。」と首を伸ばして泥水をすくいあげて飲む様子を見つめていました。
 
 

 暫く前までは、白鳥は冬の風物詩として地元の人達に愛される存在でした。地元の方々はえさをまいたりして白鳥を愛でていました。
 しかし、鳥インフルエンザの情報が伝わり、地元の養鶏場への影響が心配されるようになると、白鳥はまるでいないもののように子ども達の目に触れることもなくなりました。

 白鳥には何も罪はありません。自然のままに生きています。冬になれば渡り、田んぼに落ちた穂をついばみ、やがて春になると帰っていきます。誰もえさをやらなくても厳しい冬を生き抜いています。人間にはまねの出来ない凄さです。

 自然の中にこんな素晴らしいシステムがあり、それぞれバランスを保ちながら生きていることをAさんにも感じて欲しいと思っています。
 

わあ こんな近くに白鳥がいるなんて知らなかった!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment