放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

中秋の名月のお祭りに参加しました。

 日本には数多くの外国人の方方が住んでいます。一番多いのはどこの国の人だと思いますか? ご存知だと思いますが中国の方々です。
 政治的には中国と日本の関係はとても冷たく、ニュースを耳にした子ども達の中国の方への印象はよいものではありません。
 しかし私は日本の子ども達を偏狭に育てたくはありません。どこの国の人だろうと素敵な人は素敵です。国と国の関係が悪くてもそれは大人の都合です。夢のような話かもしれませんが【自由】【平等】【博愛】の精神を身につけて欲しいと思っています。
 Bremenにボランティアで来てくださっっていた佐久間明秋先生は、中国の出身です。中国では医学系大学で日本語を教え、日本では東北学院大で教鞭をとっています。
 明秋先生は震災後、異国で言葉も通じず風習も違うためつらい思いをしていた中国出身の女性たちの為に奔走し自助組織を創り上げました。

 画像はその組織のお祭りで出された月餅です。4人で始まった女性たちや子供中心の組織は50人を超えるほどになりました。
 中秋の名月は中国の方々にとって大事なお祭りだそうです。
 周りは中国語ばかりで私は何を言っているか分かりませんでした。しかし、中国の方が久しぶりに言葉の通じる同胞とめぐり合ってほっとしている気持ちは分かりました。

 同じ女性が、子供を産み育てようとしています。困難な事が多々あると思います。どこの国のこどもであれ、子ども達が少しでも幸せに暮らせるとよいと思っています。

中秋の名月のお祭りに参加しました。に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment