放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

第5回石巻市子ども・子育て会議を傍聴しました。

 撮影もできず資料も持ち出せないので詳しいことが書けないのが残念ですが、木村民雄専修大学教授を座長として幼稚園や保育園の園長さんや急患センターの副所長さん商工会の総務課長さんたち10数人があつまり会議が開かれました。
 議題についての話し合いが行われました。内容は石巻市の子育てについてのキャッチフレーズや今後の乳幼児や児童数の移り変わり予想やそれに伴う施設のあり方などでした。
 ほとんど意見らしい意見もです、すんなりと決まりましたが、本当に石巻の子ども達へのケアーは十分かと問題意識を  
もつものとしては少々物足りないものがありました。  
 家ではファミリーサポート事業の協力会員として可愛い赤ちゃんをお預かりしています。(画像はつかまり立ちができるようになったNちゃん)天使のような笑顔に心癒されるひと時です。よくぞ我が家へと感謝しています。
 しかし、お預かりするときの報酬は1時間当たり600円と最低賃金よりも低いものです。報酬をもっと欲しいのかと思われるかもしれませんが、そのようなつもりはありません。お預かりする2時間前から準備を始めまっていてもそれはお子様とお母様のためでお金のためではありません。
 
 お子様を預かるのは責任を感じる人であればとても気を使うものです。赤ちゃんはモノではなく大切な人ですのでできるだけの体制でお預かりしたいと思っています。
 なのに石巻市ではお子様を預かる仕事をそんなものとしてしか見ていないのではないかと不安になります。 石巻市は子育ての活動を補助金を出しても高く評価するべきだと思っています。もちろん保護者の負担は増やしてはいけません。

 放課後児童クラブも来年から6年生までの受け入れになるとのことです。指導員の方は一生懸命だし素敵な方ばかりですが、1年生から6年生までのお子さんが狭い施設内に長時間いるだけで健全に育つことができるものでしょうか?お子様にとっては1時間1時間が大切な成長の時間です。石巻市はもっと子ども達に予算を使うべきだと思います。


第5回石巻市子ども・子育て会議を傍聴しました。に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment