放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

心理学

そうですよね「統合失調症」って人柄を表しているわけじゃないし

 「病名を自分でつけよう。」っていう訳のわからない題名にひかれていってきました。シャロームの勉強会。
 北海道の浦河にある「べてるの家」の向谷地先生とその仲間たちの講演。今回で2回目ですが、とても興味深い講演会です。私が60年かけて勉強したことを裏側から見せていただける「当事者研究。」
 ああ、なんて面白いんでしょう。
認定心理士の資格を取るために、精神医学を学びました。双極性障害も統合失調症も学びました。けど、こんな風に「当事者」が生き生きと自分の症状?を洗いざらいさらけ出していただいたことはありません。なんて明るいんでしょう。なんてあっけらかんとして自由なんでしょう。
 孤独の殻に閉じこもって、「視線が怖い。」「誰もが自分の悪口を言ってる。」とおびえている人が、とっても不幸に思えました。

その解決方法も「当事者」の方に、分かりやすく教えていただきました!。だって当事者」の方は専門家ですもの。目からうろこでした。

まずい!放送大学院の試験が・・

「社会的協力論」それによると・・社会的協力のモデルは「ブレーメンの音楽隊」だそうです。
協力性が成り立つためには3つの特性が必要です。
1つ目は「複数性」。 「荷物を引けなくなったロバ、吠えなくなった犬、ネズミを取らなくなった猫、トキを告げられなくなった雄鶏」それぞれが多様な生き物であり、中には敵対関係にあるものさえいます。仲間を持たないものが強く仲間を求めます。
2つ目は「参加性」。参加しなければ、協力はできません。「ブレーメンにいって音楽隊をしようと思うんだ。」というロバに、犬、猫、雄鶏が「行こう行こう」と合意して参加します。これが協力の第2の特性。
3つ目は「網の目性」。活動する中で、人と人とをつなぐ見えないものが生まれます。震災後の地域で「絆」という言葉が多くの人によって口にされましたがそういうことかと思います。ロバと犬と猫と雄鶏は、力を合わせて盗賊を追い出した森の中で仲良く暮らすのです。 めでたしめでたし。・・とこれが社会的協力論かしら??

ところでSMAPは仲の良い協力し合うグループだと思っていたのに、協力が崩れた訳はいったいなんでしょう?みんなで独立しようといったのに、一人抜けてしまったからですか?仲の良いSMAPが見られなくなって残念です。

こども将棋教室開催

 先日飛翔閣伏見様より頂いた将棋セットを「らいつ」におかせていただくことにして、所長の原さんと、こどもまちづくりクラブのメンバーにお渡ししました。
とても喜んでいただきました。
 それから将棋の対局を何局かして過ごしました。
「ぜんぜんわからない!」などと言いながらも、頑張って対局した子。
「はじめてなんです。」と言いながら、駒の動かし方を聞きながら挑戦した女の子。
 なんだかんだ言いながら結局8人ほどのお子さんが入れ代わり立ち代わりやってきてくれました。

階下では、ゲーム機を使って将棋をしている子ども達もいましたが、なかなか参加しようとする気配はありませんでした。

人間とやるのと、ゲーム機でやるのの違いは、負けたことに対して悔しさを感じるかどうかだと思います。

悔しければ、向上しようとするでしょう。でもゲーム機が相手では、何の感情も起きません。子ども達に向上心をもたせたかったら、生身の人間と対戦することです。

「こどもにやさしい空間づくり」って??

お招きを受けてunicefの方から「こどもにやさしい空間」づくりの話を聞く機会をいただきました。いろいろなお話を聞きながら、Bremenの目指していた方向性は、基本的に間違っていなかったのかなあ・・と意を強くしました。遊びを中心としたこども参加型の運営は、現在とても大切になっています。

教員時代から疑問がありました。
「高度成長時代、私たちはとても間違った方に進み、学校では子どもたちを苦しめていたのじゃないかなあ・・。」「なんで、子ども達や大人達が、こんなにたくさん世をはかなんで自分から死を選ぶのかなあ・・。」というのが長年の疑問でした。始業式の日に、生徒が自殺?そんなのあってはいけないことだと思っていました。

子ども達は「あなたはあなたのままで素晴らしいよ。」とは言ってもらえず、成績が・・障がいが・・社会性が・・とマイナス点ばかり指摘されてきました。そんな不幸せな空間は、あってはいけないのではないでしょうか?
子ども達には、大人達にも幸せな気持ちで、勉強も含め自分の求めるものを追及してほしいと思っています。


道心の中に衣食あり・・

さる方より、「道心の中に衣食(えじき)あり、衣食の中に道心なし」という言葉を教えていただきました。天台宗伝教大師最澄のお言葉だそうです。
世間の皆様はとうに知っている言葉でしょうが、私にはグッとくるものがありました。
仏教のお話で、直接的な解釈は
衣食とは、字の如く衣食住、即ち生活や金銭を指します。道心とは、道を求める心、即ち真の仏道修行を求め、即身成仏を願う正直な心を指します。」(寺報妙彩目・ご住職の法話)とネットにありました。
 物欲名誉欲より自分の求める生き方の探究をということでしょうか? 最澄は767年~822年近江の国に生まれ、鑑真和上の教えに心打たれ、当時の国際社会の中心地であった唐にわたり、延暦寺を建てた方です。

1200年も前の方の言葉がこんなに説得力を持っているなんてすごい!

解釈はいろいろあるようですが、私なりに、地位や名誉やお金にこだわらず、何か一つの事を求め続けるって素晴らしい事なんだなあ・・と再度心を新たにしました。(正直に言えばお金にはこだわりたくなりますが・・笑)

連休疲れを予防しましょう

今日は連休真っ只中。
さぞご家族で楽しまれている事かと思います。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
そして連休の後は、ちょっぴろ心配なことが起きます。
連休疲れです。
連休のはじけるような楽しさから、その後の日常の生活への着地がなかなかうまくいかないことがあります。
「仕事に行きたくない。」
「学校を休みたい。」
楽しいこともあるはずの場所なのに、「○さんと会いたくない。」とか「上司が・・・」「同僚が・・・」などと、嫌なことばかり思い浮かんできたりします。
それは、日常の生活に戻りたくない自分への言い訳です。
自分の気持ちを上手く言葉にできない子供たちはもっと深刻です。
「おなかが痛い。」「頭が痛い。」「気持ちが悪い。」といって学校を休もうとします。
そうなると心配ですね。

連休疲れを予防するためには、連休の最後の日はゆっくりと次の日に備えるようにしましょう。大人の人は、お酒や食事を控えめにしたり早めに休んだりしましょう。

子どもたちは、お家の方々と楽しかった思い出を語り合い、明日からの学校の生活への目標について話し合いましょう。お風呂に入って早めに休むとよいかも。

そして、解決できない抵抗感があるときには、焦らず信頼できる方に相談しましょう。居場所がなくて、どうしても困ったときはBremenへもご相談ください。認定心理士の免許がありますのでお役にたてるかもしれません。

やった!認定心理誌の単位を取りました^^

認定心理士になるためには最低36単位取らなければなりません。
それも分野ごとに決められた単位を取得する必要があります。
昨年は残念ながら勘違いである分野で1単位不足し、がっかりしましたが今期やっと所定の単位を取れました。

それからがちょっと面倒です。
放送大学の先生に心理学会に提出する書類に間違いがないか見ていただき、間違いが無ければ証明書を発行していただきます。
それが約2ヵ月後
それから履歴書や検定料などをつけて心理学会に申請します。

ですから認定されるのは来年になるかもです。

小学校の専修免許を取るために心理学系の初めての単位をとったのが2008年です。
認定心理士の資格を取ろうと思ったのが2011年ですから認定心理士については4年がかりでここまできました。

ゆっくりゆっくり進んでも目的地には着くものですね。

今回の試験勉強はなかなか面白かったです

前回けたのは大学院科目「現代社会心理学特論」でした。
題名だけ見るとテキストを開いただけで眠ってしまいそうですが、これがなかなか興味深かったです。政治/投票行動と心理学 司法・裁判領域への応用 などなど私たちの生活がいかに心理学と関係があるか 私でも分かるように書いてありました。

一般的に良く知られているのは「損失回避」。
私にはぴったりです。
「10万円を得る喜びより10万円を失う悔しさのほうが大きい。」ってそうでしょうそうでしょう。
(1)授かり効果 頂いたものは手放したくないってそうでしょうそうでしょう。
(2)現状維持バイアス 損をしたくないから現状維持を選ぶ。なるほどなるほど。
(3)サンクコスト効果    今までに払ってしまって取り戻せない費用を取り戻すために
金銭的・精神的・時間的な投資をし続けることが損失だと分かっていても、それまで投資によって失った費用や労力を惜しみずるずると投資を続けること。
パチンコでまけても負けを取り戻そうといつまでもずるずるとお金をつぎ込む人のことかと思ったら超音速旅客機コンコルドの商業的失敗が上げられるそうです。どんなに頭のいい人達が集まっている会社でもいったん動き出した計画は止められなかったそうです。日本では事故を起こしたかの●●●発電所もそうかもしれませんね。

放送大学レポート作成中(汗汗)

放送大学で認定心理士になるための教科を取っていましたが
基礎科目がもう1単位必要ということで
大学院と同時に教養科目も取り直しています。
大学院では「現代社会心理学」
教養のほうは「教育と心理の巨人たち」
です。レポートは6月4日必着なので・・汗汗
学生時代に取った科目ではありますが
教員生活を終えてまた受講しなおしてみると
それがまた、おもしろい!!
特にフランス革命直前 『エミール』を書いたルソー!!
エミールのことは知っていても
へええ!子どもを捨てた???男爵夫人の愛人??
友情と裏切り??へええええ!!
とゴシップを読むような面白さです。
ところがその思想内容が今読んでも素敵です。
「創造主の手から出るときは事物は何でも良くできているのであるが、
人間の手に渡るとなんでもだめになってしまう・・」なんて
自由人ならでは明確な文明批判。
今の日本に立ち返って いじめ 虐待 ネグレクト 差別・・・などなど、社会が子どもたちを苦しめている側面もあるのではないかなどとと考えてしまいました。
 石巻圏では不登校のお子さんが増えているとニュースに出ていました。心痛みます。
 石巻地方の先生方は必死に子ども達のために頑張っていますが、初心に立ち返って学校が本当に子ども達のためになっているのかどうか、教育の意味を問い直してみることも必要だと思いました。

こころのエクササイズ

 5月14日東北大の先生による「こころのエクササイズ」のお話を聴いてきました。

 認知行動療法についてでした。

 例えばストレスの悪循環についてこんな話がありました。
 「こちらが挨拶をしたのに相手の方が知らん振りして通り過ぎたときあなたはどう思  
 いますか?」
 と言う問いがだされました。
 そのような状況に置かれたとき
「だれも自分の事を気にかけてくれる人はいない。」と思い沈み閉じこもるタイプ
「自分は相手を怒らせるようyなことをしただろうか。」と不安になり避けるタイプ
「返事をしないなんてなんてひどい人だ。」と怒りを感じ攻撃するタイプがあるそうです。

 気持ちや行動はその時に頭に浮かんだ『考え』(認知)によって影響を受けるそうで 
 す。

 講義を受けながら
 「こんなストレスあるある。」「それは私のこと。」なんて思いました。
 心が弱っているときは
 簡単に悪循環の迷路に迷い込みます。

 友だちに話したりいろんなことに挑戦したりしていつも元気でいられるように
 努力したいですね。