放課後こどもクラブBremen - 頑張る子ども達に上質な放課後環境を
RSS

最新記事

夏休みだから!思う存分自然に親しませたい。
日常を紡ぐことが子どもを育てる事
タイラー先生ありがとうございました。
7月3日蛍狩り
アートはどこにでも!

カテゴリー

Bremen
nagomi
アナと雪の女王
なごみ会
合唱
報道
女性の活躍
家族
心理学
故郷
教職
石の森萬画館
誕生日
遊び
道徳って
検索エンジンの供給元:

マイブログ

家族

ショーンが来てくれることになり、更に充実!

 4月1日に結婚式を挙げたショーン。なかなか自分の意図にあう仕事が見つからず家で翻訳の仕事をしていましたが、この度Bremenに帰ってきてくれることになりました。ショーンを知っていた子ども達は、顔を見るなり抱き着いて行きました。初めての子も最初は「だれ?」ときょとんとしていましたが、一緒に遊び始めたらすぐ仲良くなっておんぶしたり抱っこしたり。
 Bremenの先生は男性が多いのです。おじいさん世代の私たちのほかに、子ども達のお兄さん世代や父親世代の先生もいて、父親との接触の機会の少ない子ども達は「父親」を感じているようです。鬼ごっこをしていて転んで泣いた時、皆が駆け寄ってきて「大丈夫?」と聞きました。しれから、男の先生がおんぶして運んでくれました。そのことを、迎えに来たママに「●●先生優しくてお父さんみたいだった」と話していました。父親との触れ合いが少ないお子さんは、こんなところで父親のあるべき姿を学んでいるんですね。

重度心身障碍児のデイケアサービスフォーラムに参加

 北海道から鹿児島までチューブを装着したお子さんをバギーにのせてやってきたお母様方やお父様方、支援関係者の皆様合わせて230人もの方が墨田区の会場に集まりファーラムが開かれました。
 石巻市の重度心身障碍児の日中一時支援施設「みっちゃんち」の高橋さんが行かれるというので私も連れて行っていただきました。

 一人一人の重度のお子さんを複数抱えたお母様方が、絶望や苦労の末に、「子ども達を預かってくれる施設がないのなら自分で作ろう!」と意を決するまでをお話しいただき、そのご苦労に涙を抑えることができませんでした。そこには、どんな状態であれわが子を愛しいと思う親の姿がありました。「障がいを持ったお子さんを『福子』というんだよ。」という言葉が分かったような気がしました。

 翻って、身体は満足に生まれたにもかかわらず、貧困、養育放棄や虐待にあえぐ大人や子どもの殺伐とした生を思う時、「この違いは何?」という思いを深くしました。

切ないねえ・・「親守詩コンクール」授賞おめでとう

 夏休みの作品募集に応募したAちゃんの作品が、入賞したとの連絡がありました。嬉しそうにお知らせを見せてくれたAちゃんのそばで、お母さんはなぜか涙目です。「どうしたのかしら?」と思って覗いてみた私も、切なくて涙目になってしまいました。
 お父さんもお母さんもお子さんを大切に思い、一生懸命に働いているのはお預かりするものとしてとてもよくわかっています。お子様も実にのびのび成長しています。でも、その陰でお家の人の仕事では月に100時間以上の残業が続いているのも知っています。お迎えが終わってからまた仕事に行くことさえあります。
 お預かりすぅるものとして、どこよりも素晴らしい人的資源を整えてお迎えしているつもりです。でも、でも、夏休みの事とはいえお子様はこんな風に思っていたのですね。
 おめでとうだけど、切ない切ない受賞でした。


ショーンさんに赤ちゃんができました!

震災直後に石巻に来て4年間ALTの仕事をされ、その間ずうっとBremenで子ども達と遊んでくださったショーンさんが、結婚されたのが昨年。5月には待望の赤ちゃんが生まれました。とってもかわいい赤ちゃんです。そのショーンさんが、久しぶりにbremenの子ども達に会いに来てくださいました。4年間も一緒に遊んだので子ども達は大喜び。何か月ぶりなのに昨日まで一緒にいたかのように遊びました。https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10153890292708355&set=pcb.10153890295203355&type=3&theater

それにしてもかわいい赤ちゃんです。まるで天使のようです。
祝福がありますように!!

卒業式の後で。

お母様とおばあ様。兄弟そろって卒業のごあいさつに来てくれました。
わざわざありがとうございます。

お母様も着たというお着物は派手さがなくて、とても上品で、可愛らしさが引き立っていました。
Kさんは中学生になりますが、来たいというので数学の阿部徹先生にお願いしました。快く引き受けていただきましたので、夜の部を作りご指導をお願いすることにしました。阿部先生は高校数学の専修免許をお持ちで,yahooの知恵袋の数学の課題を沢山解いていらっしゃる方です。小学生には多少とっつきにくいかもしれませんが、子どもと数学が大好きな先生です。
Aさんも中学校に行っても来たいと言っています。今までとは時間帯は変わりますが、引き続きお付き合いできてうれしいです。

2人とも、初めのうちは疲れるでしょうが、無理せず頑張ってほしいと思います。

最近は貧困対策と言って多くの方が支援しています。貧困層に緊急に対応すること必要かもしれません。けど、貧困をケアして固定化する働きよりは、どんな子ども達にも、等しく上質の居場所をつくることの方が、困難だけど大きい目的のような気がします。
子どもの成長への支援はどの子にも「平等」であってほしいです。

表彰お祝いのカレー会を開いていただきました。



      
  保護者の皆様の発案で、表彰のお祝いの会を開いていただきました。お金をかけず力を合わせることで楽しみましょう!ということになりました。そこで、持ち寄りの食材などで手作りのお料理カレーを作って食べました。綺麗なお花もいただきました。エプロンを外すの忘れましたが、とっても嬉しかったです。同時に小学校と高校を卒業するKちゃんAちゃんの小学校卒業Tさんの高校卒業のお祝いも一緒にできました。子ども達も含めてみんなで力を合わせてより良い石巻にしていきたいと思いました。

えええっ!幼稚園月謝が15万円?

シンガポールに初めて足を踏み入れました。
始めは物珍しく、インフラの整備状況に目が行きました。それから世界中の人々が集まっている状況も見ました。

そして息子のいるコンドミニアムへ。
きゃああ!すごい!プールで毎日遊べる!なんて
表面を見ればなんて優雅なんでしょう!

だけど家計を預かる身にすれば、東京より高い物価は大変そう!

 小学校は無料でも幼稚園は月謝が15万円だそうで。会社は手当を出しても、海外で働いてくれる人材が必要なんでしょうが・・
マレーシアやインドネシアからPM25やヘイズが飛んできて息もできない季節が続いたそうです。これからは雷の季節。
 日本人同士のママ付き合いもしなきゃないでしょう。
これはこれは・・慣れない異国で2人の子ども達を育てるのはなかなかしんどいかも。


毎回シンガポールに行くわけにもいかないから、せめて日本にいる異国から来たお母さんの手助けができたら嬉しいかも。いつか世界中をまわりまわって、息子の家族たちも誰かに助けてもらえるかな。

チリも積もれば

 わーい!こんなになった!と正直嬉しい!
 むかし「子ども貯金」ですこ~~しづつお金を貯めたけど、そんな感じ。
 石巻市のファミリーサポート事業に協力して、朝早くに出勤するお母様のお子さんを保育園までお届けするお手伝いをしています。
 1時間600円の報酬ですが、来てくれるお子さんの笑顔が何よりのご褒美です。退職して時間を持て余すのも嫌だし、若い人の役に立てるならそれもありです。

 夫婦2人で保育園まで送るので一人当たり300円^^です。
でもそれは、感謝っていうおまけがついたうれしいお金です。

計算したら孫にランドセルを買えるぐらいになりました!
人の役に立ったお金で買ってもらったら、それも嬉しいかも。




孫に会いに行きました。

先日は月曜日をお休みにして遠くに住んでいる孫に会いに行きました。
夜について一晩しかゆっくり出来ませんでしたので次の日は集団登校の後ろからついていきました。狭い道は上級生が下級生を守って1列になって歩いていきます。
みんなが集まる橋の袂で小さく手を振って別れました。
それから孫の姿が見えなくなるまで見送りました。

自分でも「ばば馬鹿」としか言いようがないですが孫は可愛いです。
転勤族の息子についてきて新しい地域では孤独感も感じたことでしょう。そんな中でこんな可愛く育ててくれた息子の奥さんに感謝です。

来年からは新しい場所での生活が始まるようです。
息子の家族が怪我や事故無く元気で過ごして欲しいと願うばかりです。